Ready Set GO!

いくら入れても知識は荷物にならない!

Mac

検索履歴を残さない!Safariプライベートブラウズの使い方

投稿日:

MacやiPhoneを使ってネット検索するときにどのブラウザを使っていますか?様々あるブラウザの中でSafariと言えばMacOSやiOSでのみ利用できるブラウザです。Safariはシンプルなインターフェイスからは想像できないほどたくさんの機能を装備しています。その中のプライベートブラウズ機能はご存知ですか?
ブラウザを使ってネット検索するとき検索履歴やWEB上に保存してある情報について心配になることもあると思います。セキュリティに不安のあるサイトにアクセスするときや、MacやiPadなどのデバイスを他のユーザーと共有するときに安心してWEBサービスにアクセスする方法をご紹介します。

プライベートブラウズとは?

ブラウザの検索履歴やCookieなどをWEB上に残して起きたくない場合に便利なのがSafariのプライベートブラウズという機能です。
発信元が不明なサイトやセキュリティに不安があるサイトにアクセスするときに心配になったり、他のユーザーとMacやiPadといったAppleデバイスを共有して利用していて検索履歴を残したくないときはありませんか?このときにSafariのプライベートブラウズ機能を使えば情報が残らないだけでなくWEBサーバー側からもユーザーを識別できなくなる為とても安全に利用できます。
使い方の前にプライベートブラウズを利用した場合のメリットについてご説明します。

Webサイト閲覧履歴が残らない

SafariからWeb検索すると、何のサイトをGoogle ChromeやBingなど、どの検索エンジンで調べたかの履歴が全て残ります。前に検索したサイトを探すときは便利ですがあまり人に知られたくない情報を検索していたり他の人とデバイスを共有している場合には履歴が残らないので安心です。

Cookieやキャッシュが残らない

cookieやキャッシュが残らないのでショッピングサイトのカートや商品の閲覧履歴が残りません。ですから楽天やAmazonのトップページに閲覧履歴のある商品や関連商品が表示されることがありません。

 

プライベートブラウズの使い方

MacOS Safariの場合

MacOSでの使い方をご紹介します※画像はクリックで拡大します

iPhoneなど iOS Safariの場合

iOSでの使い方をご紹介します

 

プライベートブラウズ使用の注意点

プライベートブラウズを使用する場合、ユーザー側の情報が残らないのでサイトへのログインはその都度必要になりますし、天気予報の地域情報や占いなどの登録情報も全て残らないので毎回入力が必要になります。またプライベートブラウズ利用中の直前の履歴は『戻る』ボタンを長押しで遡ることができますが、ウィンドウを閉じると履歴は残りません。

プライベートブラウズを利用中は閲覧中のWebページを他のAppleデバイスから開く『ハンドオフ』も使用できません。プライベートブラウズは手動で終了させない限りSafariを終了してもデバイスの電源を落としても継続されます。またプライベートブラウズを終了させても開いているタブは残りますので注意が必要です。せっかくプライベートブラウズで閲覧履歴を残していなくてもうっかりタブやページを閉じないまま他の人に iPhoneなどを貸してしまったらその開いているページは残ったままになってしまいます。タブを閉じることとプライベートブラウズを終了させるのは手動で操作することが必要になることを忘れないようにしましょう。

-Mac

Copyright© Ready Set GO! , 2019 All Rights Reserved.