Ready Set GO!

いくら入れても知識は荷物にならない!

iPhone

Night Shift機能でスマホ老眼から目を守るiPhoneの使い方

更新日:

現代病と言われるスマホ老眼あなたはどうケアしてますか?

スマホ老眼とはスマホやパソコンなどを長時間使用した後、一時的に遠くの方がぼやけるなどの近視のような状態になることを言います。目の酷使を続けることで一時的な近視が常習化してしまい頭痛や肩こり、目の奥の痛みや吐き気を感じるなど症状が重症化していきます。

スマホ老眼と言われていますが一般的に言われている老眼とは異なり20代〜30代、早ければ10代からも症状が出ることもあります。

「老眼」とは、加齢に伴って眼の調節機能が衰え、近くのものにピントが合いにくくなる状態のことです。
近視や遠視は、眼軸の長さと角膜や水晶体の屈折力が関わる屈折異常によるもので、老眼とはまったく異なる症状です。一方、「スマホ老眼」は、近距離のスマホを見続けることで眼の筋肉が緊張する状態が続き、老眼と同様にピント調節が利かなくなる状態をいいます。ほとんどが一時的なものですが、繰り返すうちに重篤化するケースも考えられ、注意が促されています。

メガネスーパー公式サイトより

スマホは生活必需品となりつつあります、日頃からスマホを使用する時間が増えるほどスマホ老眼になるリスクは高まります。こまめに目の休憩を取るなどの対策も必要ですがiPhoneには画面から発せられるブルーライトを軽減させて目の疲れを抑えることができる機能『Night Shift』があります。ここではそのNight Shiftについて合わせて使いたい便利な機能と一緒にご紹介します。

Night Shiftとは

iPhoneにはNight Shiftという機能があります。この機能はiPhoneの画面を目に優しい暖色系に自動で切り替えることで目が受けるブルーライトを軽減させて目の疲れを抑えることができる機能です。
疲れを感じたときに暖色系に切り替えるというよりも、むしろ目が疲れを感じていない元気なうちに目を労わることが大事だと考えます。
このNight Shiftを使えば自分で指定した時間やiPhoneが時間や位置情報などから日の入りから日の出までの夜間を推測して画面を自動で暖かい色に切り替えてくれます。ついつい画面の光を抑えるのを忘れる。なんてことはこの機能で防げますし目を労わる習慣化にはぜひ自動で設定するのをおすすめします。

対応OSは?

Night Shift は、iPhone 5s(iPhone5cは非対応) 以降のiPhone、iPad Pro、第5世代以降のiPad 、iPad Air 以降、iPad mini 2 以降、第6世代のiPod touch で使用することができます。

効果はある?

最初は暖色系の画面に少し違和感を感じますが慣れてくるとNight Shiftをオフにして通常の画面を見たとき、『眩しい!』と感じてしまうほどです。それだけNight Shiftを有効にしている時は目に刺激が少ないということですね^ ^

ブルーライトのカット率は?

アップルから正式なブルーライトのカット率は発表されていないようですので市販されているブルーライトカットフィルムやブルーライトカットメガネのように〇〇%ブルーライトカット!というのはわかりませんが、大事なのは具体的な数字より画面を見ていて目に疲れを感じないか?というですからまずは使ってみてください。

対応機種なら無料で利用できる機能です!

設定方法

Night Shiftの設定方法をご紹介します。
Night Shiftには手動で切り替える方法と自動で切り替える方法の2通りあります。

手動で設定する場合

step
1
『設定』から『画面表示と明るさ』を開きます

step
2
『Night Shift』を開きます

step
3
『手動で明日まで有効にする』をタップする

これですぐにNight Shiftが有効になり画面が暖色系に切り替わります。

自動で設定する場合

step
1
『時間指定』をタップしてNight Shiftをオンにします

step
2
時間のところをタップすると更にメニューが開きます

step
1
『日の入りから日の出まで』を選択するか『カスタムスケジュール』で時刻を設定します

自分で設定した時間かiPhoneが推測した日の入り時刻にNight Shiftが有効になります

コントロールセンターから設定

設定を開かなくてもコントロールセンターからNight Shiftをオンにすることもできます。

手順

1.コントロールセンターを開きます
2.画面の明るさ調整をタッチしてそこから更に画面を強く押し込みます(3DTouch)
3.画面左下のNight Shiftのアイコンをタップします

デフォルトなら『手動で明日まで有効にする』が反映されていて、自動でNight Shiftを設定しているなら『カスタム設定』か『日の入から日の出まで』のどちらかが反映されます

 

どんな人におすすめ?

こんな方におすすめ

  • 夜寝る前にもiPhoneを使用する人
  • 最近目の疲れを感じることが多くなった人
  • 昼夜を問わずよくiPhoneを使用する人
  • 目が疲れる前にケアしたい人

バッテリーへの影響は?

自動で画面を暖色系に変えてくれる便利な機能ですから充電の消耗が増えてしまうのではないかという心配がありますね。やはり色味の変更や時間の設定などiPhoneに追加の動作を指示しているわけですから、ひょっとしたらバッテリーの消費量は増えてしまっているかもしれません。しかし今まで使用していた時間からNight Shiftを有効にしたからと言ってそこまで目に見えてバッテリーの持ちが悪くなることはありませんし、iPhoneに備わっている低電力モードを有効にした状態でNight Shiftを使用することができますから著しくバッテリーを消耗するとは考えにくいです。

合わせて使いたい機能

1.ホワイトポイントを下げる

iPhoneでホワイトポイントを下げることで画面から明るさ(白さ)を抑えることができます。通常は設定やコントロールセンターから画面の明るさを調整することができますが、ホワイトポイントを下げることでそこから更に明るさを抑えることができます。
Night Shiftで暖色系の画面に切り替わってなおかつホワイトポイントを下げることでより眩しさを軽減できます。

メモ

あまりオススメできませんが、夜寝る前に消灯した中でiPhoneを見る時はNight Shiftをオンにした状態で画面の明るさを一番下まで下げて、更にホワイトポイントも下げて使用してます。

iPhoneが眩しいなら疲れ目サイン!ホワイトポイントを下げて目の疲れ対策

現代人の必須アイテムとなりつつあるスマートフォンですがブルーライトが特に問題視されていてブルーライトハザードと言われています。 ブルーライトハザードとは、ブルーライトと呼ばれる光を長時間見続けることで ...

続きを見る

 

2.TrueTone

TrueToneとは画面を見ている周囲の環境に合わせて、ディスプレイの色や明るさを自動で変更して画像などをより自然な色合いで見ることができるようになります。そうすることで目への負担を減らすことができる機能です。

iPhoneでの対応端末はiPhone 8 以降ですがiPadProや2018年発売のMacBook Proにも搭載されています

画面が暗い・黄色い?iPhone8から搭載TrueToneって?効果は設定方法は?

iPhone8以降の機種(X・XS・XSMAX・XR)を使用していて画面の明るさ(ここではホワイトバランスによる明るさ)や色味の変化を感じたことはありませんか? 少し薄暗くなっていたり、明度が変化して ...

続きを見る

 

 Macにもあるの?

もちろん MacOSにもNight Shiftは搭載されています

詳しくはこちら

【Mac】Night Shiftで目を守る!疲れ目防止とおすすめケア

毎日使うからこそ普段からの疲れ目予防を! MacにはNight Shift(ナイトシフト)という目をブルーライトから守る機能がついています。仕事やプライベートで日々Macを使うなら目のケアはとても大切 ...

続きを見る

まとめ

現代病と言われているスマホ老眼ですが、仕事やプライベートなど日常的にスマホを使用せざるを得ないこともありますよね。眼科やメガネ店ではスマホ老眼や目の疲れ対策に1時間に1度、10分程度の休憩を取ることを薦められますが実行できる人の方が少なく感じます。ですから普段使いの中でNight Shift機能を活用して少しでも目が疲れないように意識していくのが大事ですね。

-iPhone

Copyright© Ready Set GO! , 2019 All Rights Reserved.