Ready Set GO!

いくら入れても知識は荷物にならない!

ボルダリング 趣味

【オブザベーションを知る】ボルダリング上達のコツはオブザベーションにあり

更新日:

 

ボルダリングを行うときには、いかに体力を温存しながら登るかが大事になってきます。体力の消費を抑えるためにムーブを使って登って行くわけですが『次の動作は?』『次はどのホールドを使うのか?』『どのルートで行こう?』などたくさんのことを考えているときにも、体力を消耗しているわけですからスムーズな行動が必要になります。そのために重要になってくるのがオブザベーションです。ここではそのオブザベーションについてご紹介します。

オブザベーションとは?

オブザベーションには観察や観測の意味があります。これから自分が登る壁のスタートやゴール、そのルートなど事前にイメージすることです。オブザベーションはボルダリングの要と言われていてとても重要な行動になってきます。

オブザベーションの目的は?

ではなぜオブザベーションが必要なのでしょうか?

ボルダリング中は基本姿勢を大切にしてムーブを駆使して登っていきます。登り続けるためには体力の消耗を減らす必要がありますが、登っている最中に登るコースを考えたり次に使うホールドを探したりしていると、その間にも筋肉は疲れていき体力はどんどん消耗していきます。ましてや全身の筋肉を使ってボルダリングに集中しているときに、そこに思考を取られてはより大きく消耗してしまいます。ですから登り始める前に観察して具体的にイメージすることでスムーズに登れるようにするのが目的です。

オブザベーションのメリットは?

前もってオブザベーションをすることでまず、

 

スタート地点が明確になります。

 

スタート地点が明確になると、そこから

 

どのようなムーブでどのホールドを使ってコースを進めて行くか?

 

が明確になります。

コースが明確になると

 

登っている最中にあれこれ探したり考えたりする必要

 

が無くなります。すると

 

スムーズに登れるようになり

 

結果

体力のロスを減らすことができます。

 

少しざっくりとした説明になりましたがボルダリングをする上でこれが重要になります。

オブザベーションのやり方は?

では具体的にどうやるのでしょうか?初心者や慣れていないうちはたくさんのことをいっぺんにすることはできないでしょう。ですから最初は次の3つのことを実行してみてください。

  1. スタート地点とその最初のホールドを確認する
  2. ゴールとゴール直前のホールドを確認する
  3. ルートの途中の距離が遠いホールドを確認する。

まずはこの3つを実践するだけでも随分と違います。

オブザベーションのコツと注意点

オブザベーションをするときにはスタート・ゴールやルートといった場所だけでなくて、その場所にあるホールドの形状を確認することが大事です。基本姿勢をしっかりとって、そこにあるホールドを見極めることで柔軟な動きに対応することができます。そしてスタートからゴールまでを確認できたなら、今度はゴールからスタート地点へ逆にシュミレーションしてください。すると行きには見えてこなかった問題点気づきが生まれてきます。登っていくイメージだけで確認するよりホールドの形状をより鮮明に確認することができます。

 

-ボルダリング, 趣味

Copyright© Ready Set GO! , 2019 All Rights Reserved.