Ready Set GO!

いくら入れても知識は荷物にならない!

ボルダリング 趣味

ボルダリングで健康増進!その効果は?ダイエットはできる!?

更新日:

最近更に注目度の上がったボルダリング、2020年の東京オリンピックの追加種目にも選ばれ、ますます注目度があがっています。ボルダリングもれっきとしたスポーツですので、始める理由は運動不足解消やダイエット、健康の為にという人も多くいらっしゃいます。ジョギングのように走ったり水泳のように泳いだりするわけではありません、ではボルダリングを行うことでどのような健康への効果があるのでしょうか?このブログではそこのところをご紹介します!

ボルダリングは有酸素運動?無酸素運動?

スポーツや筋トレなど運動には大きく分けて有酸素運動と無酸素運動がありますがボルダリングはどちらなのでしょうか?

有酸素運動とは?

継続的な負荷をかける運動を有酸素運動と言います。酸素を使って脂肪を燃焼させて、エネルギーを作る運動をいいます。代表的なものはジョギングや水泳、エアロビクスです。

無酸素運動とは?

短時間で大きな負荷をかける運動のことをいいます。筋肉を動かすためのエネルギーを作るのに酸素を使用せず作り出すため無酸素運動と呼ばれていて、呼吸しない無酸素というわけではありません。代表的なものは短距離走や筋トレです。

ボルダリングは?

ではボルダリングはどうでしょうか?『登る・掴む』など瞬発的な動きから無酸素運動をと言われますが、腕の力を使い自重を支えたり、その腕の負担を減らすために足を上手に使ったりと実は体の様々な筋肉を使用して継続的に負荷がかかるため有酸素運動でもあります。つまり2つの運動を効率よく行うことが出来ます。

ダイエットになる?体の引き締め効果は?

有酸素運動で脂肪を燃焼させることが出来て、無酸素運動で筋力をあげる。これだけ聞けばとても理想的ですが、実際にボルダリングでのシェイプアップは可能です。全身の筋肉を使って登りますので引き締め効果もあるでしょう。その他のスポーツやフィットネスにしてもそうですが、どのくらい継続して行うのかが大事ですよね。

消費カロリーは?

では消費カロリーどのくらいでしょうか?こちらのサイトを利用させて頂きました。

こちらのサイトは普段の生活シーンでのカロリー消費量や各種スポーツの消費量など様々な内容での計算が出来ます。今回はロッククライミングで計算してみます。

こちらは体重60kgで低〜中難易度を登った場合と高難易度を登った場合の消費カロリーです。

               ※クリックで拡大

あくまで目安ですのでコースや難易度によって違いはあるでしょうが、60分クライミングした場合365kcal〜472kcalを消費したことになり、

  • 燃焼した脂肪量=67.42g
  • 消費したカロリーの目安=ご飯1.88膳分/食パン2.36枚分
  • ウォーキング約90分

となりました。しかし!ウォーキングと違って初心者がボルダリングを60分やり続けるのは過酷ですので、20分で計算してみると...

  • 燃焼した脂肪量=22.42g
  • 消費したカロリーの目安=ご飯0.62膳分/食パン0.78枚分
  • ウォーキング約30分

となりました。ウォーキングよりは消費カロリーが高いようですし、先ほどもありましたが無酸素運動の要素も含まれていますので運動不足解消にはぴったりですね。

ストレスは発散出来る?

ボルダリングは応援やアドバイスといったこと以外は基本的に自分一人の力で登らなければいけません。永遠に続くわけではなく、決められたルールと設定したゴールを目指してコースを読み解く集中力と忍耐力を駆使して登り続けるので、たどり着いたときは達成感で喜びもひとしおです。また、ボルダリングでの抑うつの症状改善の研究も発表されています。

 

 

中高年でもはじめられる?

 

はじめられます。

というよりボルダリングに〝年齢の壁〟はありません。クライミングジムを利用するならコースも初心者から中級者などレベルに合わせたコースが用意されているところがほとんどですし、ジムによってはキッズクライミングや中高年向けのレッスンを行っているジムもあります。他の競技のように誰かと競い合ったり、チームプレイや相手チームとの接触プレーがあったりするわけでもありませんので1人でも気軽に始められます。またコースや登り方を工夫したり柔軟性を鍛えることで必要以上に筋力をつける必要もありませんので自分のペースで進めることが出来ます。ですから、もう1度...

ボルダリングに年齢の壁はありません。

 

まとめ

いかがでしょうか?ボルダリングには

  • 脂肪燃焼
  • 基礎代謝の向上
  • 柔軟性
  • ストレス発散
  • 引き締め

などなど健康面を気をつけようと思ったときの選択肢として、とっても素晴らしいスポーツです。最近ではますます注目度が上がって専門ジムや様々なサービスを備えたジムが増えていますので自分にあったジムを見つけやすいです。また体験や見学を積極的に行っているジムもたくさんありますのでぜひ参考にしてみてください。

ボルダリングについて詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

ボルダリングをこれから始めようかなと思ってる人に始める前に読んでほしいブログ

 

-ボルダリング, 趣味

Copyright© Ready Set GO! , 2019 All Rights Reserved.