Ready Set GO!

いくら入れても知識は荷物にならない!

ボルダリング 趣味

ボルダリングをこれから始めようかなと思ってる人に始める前に読んでほしいブログ

更新日:

最近、何かと話題のボルダリング、競技人口は年々増えているようで2020年の東京オリンピックで『スポーツクライミング(ボルダリング・リード・スピード複合)』が追加種目になり更に注目度が上がりました。

『興味はあるけど、初心者はどうしたらいいんだろう?』

『何を準備したらいいのかわからない』

『そもそもどこに行けばできるの?』

ここでは、これから始める為の情報をご紹介します。

そもそもボルダリングって?

『ボルダリングとクライミングって何が違うんだろう?』という疑問を持っているかもしれません。フリークライミングやスポーツクライミングなどいろんな呼び方を聞いたことがあると思いますが、その中でもよく耳にするロッククライミングとは岩壁を登ることの総称です。そして岩壁を上る方法によって、異なるネーミングが使われます。

※画像クリックで拡大します

 

フリークライミングとはクライミングシューズを除いて、登るための道具を使用しないクライミングをいいます。安全確保の為にロープを使用する以外は自分の技術と体力で岩を頼りに登ります。フリークライミングの、フリーは自由ではなく、道具を使わないという意味のフリーです。

フリークライミングから更にルートクライミングとボルダリングに分かれます。ボルダリングは落下防止のロープもつけずシューズとチョークのみを使って岩壁を登ります。ロープをつけないので約3〜4メートル程度の高さでチャレンジして、落下した場合のために下にマットを敷いているのが特徴です。

ルートクライミングはボルダリングより高い壁をロープをつけて登ります。

名称の違いは道具や高さなので屋外屋内は関係ないです。

初心者でもできる?

ジムやボルダリング用の施設を利用すれば初心者向けの簡単なコースや練習用コースがありますから初心者でも問題ないです。普段からよく運動してるわけではなくても、自分のペースで登ることができます。また施設によって初心者の為に体験コースを用意してあるところもあるので、事前に調べておくといいでしょう。

準備するものは?

施設にもよりますが大抵の場合は、ジムで必要な物は貸してくれるので手ぶらでも大丈夫です!シューズなんかも貸し出していますので動きやすい服装で、靴下を履いてれば問題ないです。

一人でもできる?

基本的には自分1人の力で登りますから、チームプレーとか対戦というのが無いので1人で行って自分と目の前の壁との戦いになります(笑)もちろん仲間内で応援したり、競い合うこともできますが登る力は自分自身の力です。

服装は?

スポーツできる服装なら基本的には何でも大丈夫です。ただ、擦り傷を防げるように長袖や長ズボン、レギンスやクライミングパンツを履いたら完璧です。コンプレッションウェアなどもオススメです。

ボルダリング施設を調べるなら

体験はあるのかな?初心者でも大丈夫かな?貸し出しはあるのかな?などなど、初めてだと色々不安になるので、事前に確認しておくと安心です。そこでボルダリング施設を検索するサイトをご紹介します。

アソビュー

ここではボルダリング施設はもちろんアウトドアなど様々なジャンルの遊びの施設を検索できます

アソビュー

クライマーズ

クライマーズは『子供利用可能か?』や『駅から近い』など詳細検索することができます。

クライマーズ

まとめ

ボルダリングはこれからますます注目度が上がっていくでしょう。落下を注意していれば比較的ケガも少ないスポーツですし、施設も増えていますので興味のある方はぜひ参考にしてください。

-ボルダリング, 趣味

Copyright© Ready Set GO! , 2019 All Rights Reserved.